正しい洗顔方法とは?

洗顔の前に注意すべき点

いくら高級な洗顔料を使用しても、洗顔の方法が悪ければ綺麗になるどころか反対に肌を痛めて肌トラブルになる可能性があります。そのため、注意すべき点としてはまず、たっぷりの泡を作ることです。泡が汚れを取ってくれるので、ケチらずに洗顔料を使いましょう。また、ゴシゴシと洗うのは良くありません。なぜなら、肌が摩擦でダメージを受けてしまうからです。中には、毛穴の黒ずみが気になるからとその箇所だけ重点的に洗う人がいますがそれでは余計に黒ずみが目立ってしまいます。さらに、すすぐ際には冷水ではなくぬるま湯にすることが大切です。冷水だと刺激が強すぎるので、刺激を与えずにしっかりと洗顔料を落とすにはぬるま湯が良いのです。

正しい洗顔の順序とは

洗顔する際はたっぷりの泡を作ります。それを脂が多く出やすいTゾーンにのせて、少しずつフェイスラインにも転がしていきます。この時、あごにのせるのを忘れる人がいますのできちんと対応しましょう。次に頬を洗うのですが、ここはTゾーンに比べて皮脂が少ないところです。そのため、入念に洗うのではなくあくまでも軽く泡で包み込む感覚で対応すると良いです。髪の毛に泡がかかるのを嫌がってしまうと、生え際が十分に洗えなくなるので注意が必要です。最後はすすぎですが、この場合も手でこするように落とすのは危険です。ぬるま湯をすくって優しく顔にかけて洗顔料が残らないように、十分にすすぎます。シャワーでやると確かに楽ですが、肌への刺激となるためできればぬるま湯を溜めて手ですくうことをおすすめします。